クラシックエディタの記事は修正せずにブロックエディタで記事を書く

SWELLを購入したら、ブロックエディタを使えるようになりました。

ブロックエディタを使えるようになった記念に新ブログで再スタートです。

クラシックエディタで書いたブログは基本放置かも?

目次

①SWELLだからブログエディタにできた!

SANGOってブロックエディタにしてないとダッシュボードにグーテンベルクの宣伝が表示されるんです。

グーテンベルクを挫折した者にとって嫌で嫌でしょうがなかったんです。

なのにSWELLにしたら、普通にブロックエディタで書いています。

たとえば

勉強しようとしてたら、親に「勉強しろ!」と言われたみたいな感じ?

いま勉強しようと思ってたんだけど、もうやんない!

ってなるよね。

②ブロックエディタは簡単って本当かも?

ブロックエディタにしてからYou TubeでSWELLの使い方を学びました。

思ったより簡単に使えてますがSWELLが簡単なのかはわかりません。

SWELLは使いやすいとってことなので、SANGOやCocoonなど全ブログをSWELLに変えちゃいました。

テーマ独自のショートコードや文字装飾を使ってないのでCSSを追記しただけで修正しなくても大丈夫でした。

厳密にいうと見出しの上に余白が欲しいことは欲しいですが…

③クラシックブロックのまま

ブロックエディタ(グーテンベルク)にすると全記事を修正しないとダメだと思ったんです。

でもテーマの文字装飾を使ってないのでCSSを追記するだけで大丈夫でした。

100%ではありませんが、急いで修正するほどではありません。

何記事か修正しましたが、修正するときに「ブロックへ変換」します。

ブロックエディタにしても、旧エディタで書いた記事は「クラシック」というブロックになってるんです。

つまり「ブロック」になってないんです。

「ブロックへ変換」するまでは旧エディタで修正できるんです。

「ブロックへ変換」して修正していますけど…

ほとんどの記事は「クラシック」ブロックのままな気がしています。

SANGOをVer3にしたんです。

SANGOをVer3にするってことはブロックエディタにするってことです。

PORIPUだとトップページの表示が崩れました。

いまはSANGOは使ってません。

まとめ

SWELLでトップページを固定ページにしました。

マニュアルを読んでもわからないので、できるとこまでってことでやってみました。

「段落」の代わりに「投稿リスト」を使えばいいだけなんです。

新着順、人気順にしました。

さらに投稿IDで記事を指定してピックアップバナーの代わりにおすすめ記事を表示しました。

マニュアルを読まなくても直感的にカスタマイズできました。

直感的にカスタマイズできるってことは使いやすいってことなんです。

追記;油断して「ブロックへ変換」するのを忘れてしまいました。
慣れるまでバックアップしてから作業を始めることにしました。





よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次